不動産売却時の注意事項

電話でマンションの売却を相談する友人先日、東京に住む知人から電話でこんな相談を受けました。

「マンションを売ろうと思っているんだけど、少しでも高く売るために気をつけておかないといけないことってある?」

まあ、高く売るために気をつけておかないといけないことは色々とあるんですが、ここでは絶対に守らなければならないルールを一つだけ。

それは「絶対にすぐにレインズに物件情報を登録してくれる不動産屋さんに売却をお願いすること」ですね。

 

レインズと言うのは、簡単に言うと不動産屋さんが他の不動産屋さんに売却物件の情報をお知らせするためのインターネットサイトのことです。

ここに売却物件の情報を掲載しておくと、それを見た他の不動産屋さんが購入希望のお客さんに「こんな物件がありますよ!」と紹介してくれるわけです。

つまり、レインズに売却物件の情報が掲載されるとあなたが売却をお願いした不動産屋さんを訪れた購入希望のお客さんだけでなく全国の不動産屋さんを訪れた購入希望のお客さんが購入を検討してくれるチャンスが生まれるということですね!

より多くのお客さんに購入を検討してもらえれば、当然、少しでも高い価格で購入してくれるお客さんが見つけやすくなります。

(値引きせずに売却できる可能性が高くなるということです。)

だから、絶対にすぐにレインズに物件情報を登録してくれる不動産屋さんに売却をお願いしなければならないということなのです。

 

実は宅建業法には売主の利益を守るために宅建業者に一定期間内にレインズへの登録をすることを義務付けた規定が定められています。

宅建業法34条の2
「宅地建物取引業者は、専任媒介契約を締結したときは、契約の相手方を探索するため、国土交通省令で定める期間内に、当該専任媒介契約の目的物である宅地又は建物につき、所在、規模、形質、売買すべき価額その他国土交通省令で定める事項を、国土交通省令で定めるところにより国土交通大臣が指定する者(以下「指定流通機構」という。)に登録しなければならない。」

※国土交通省令で定める期間は専任媒介契約の場合は契約締結の日から7日以内(休業日を除く)専属専任媒介契約の場合は契約締結の日から5日以内(休業日を除く)とされています。

ところが買主からの仲介手数料欲しさにこんな基本的なルールさえ守らない不動産屋さんが結構あるものなんです。

だから、売却を依頼する際には、ちゃんと、すぐにレインズに物件情報を登録してくれる不動産屋さんであるかどうかを見極める必要があるということです。

 

なお、もしも私が自分の所有する不動産を売却するとしたら、おじいさんが一人で営業しているような小さな不動産屋さんにお願いすると思います。

おじいさんが一人で営業しているような小さな不動産屋さんは、自分のところで買主を探す力があまりないのですぐにレインズに登録してくれる可能性が高いからです。

まあ、あくまで「可能性が高い」というだけのことではありますが売却を依頼する不動産屋さんを探す際の一つの参考にして頂ければと思います。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ