中古マンション購入の流れ

中古マンションを購入する際の大まかな流れは以下のとおりとなります。

 

物件情報の提供を受ける。

不動産会社の営業マンから物件情報の提供を受けます。

 

内覧する。

提供を受けた物件情報の中に気に入ったものがあった場合、内覧をします。

なお、中古マンションの内覧については、前所有者の居住中に行うこともあります。

 

購入申込みをする。

内覧の結果、購入したいということになったら、購入申込みを行います。

購入申込みについては購入申込書(買い付けともいう。)という書面で行います。

なお、価格を含む取引条件の交渉については、この段階で行うことになります。

 

住宅ローンの事前審査を受ける。

住宅ローン利用の可否を大体、把握するために住宅ローンの事前審査を受けます。

 

重要事項の説明を受ける。

住宅ローンの事前審査に通過したら、契約の段階に進みますが、契約の前段階として重要事項の説明を受けます。

重要事項説明とは、購入対象物件についての商品説明のようなものと考えて頂ければ結構です。

 

契約をする。

重要事項説明の内容に納得したら、契約を締結します。

手付金を交付する特約がある場合、この時点で売主に手付金を交付します。

 

住宅ローンの本審査を受ける。

契約が終了したら、ただちに住宅ローンの本審査を受けます。

なお、多くの金融機関では事前審査の段階でしっかり審査がされていますので、その後の事情変動がないかぎり事前審査の結果が覆ることは、あまりありません。

 

決済を行う。

決済とは不動産取引を完了させるための手続きをいいます。

銀行等で、残代金の支払いや鍵の引渡し、登記必要書類の引渡しなどを行います。

 

以上、中古マンションの購入の流れでした。

 

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ