フラット35は有利なのか

中古マンションの購入にあたっては、住宅金融支援機構さんのフラット35を利用することを検討されている方も
多いことでしょう。
そこで、ここではフラット35の主な特徴を確認しておきたいと思います。

  • 全期間固定金利型である。
    全期間固定金利型であるため、返済期間内に毎月返済額が変わることがありません。
    そのため返済計画が、非常に立てやすくなっています。
    (全期間固定金利型について言えることは返済計画が立てやすいということだけであって必ずしも変動金利に比べて総返済額が少なくなるわけではない点については充分注意が必要です。)
  • 保証料が不要である。
    フラット35では、民間の金融機関で住宅ローンを利用する場合に必要となる保証料が必要ありません。
    民間の金融機関で住宅ローンを利用する場合には、たとえば返済期間35年、借入額3000万円であれば60万円強ぐらいの保証料が必要となりますので、この点についても大きなメリットと言えるでしょう。
    ただし、窓口金融機関によっては保証料が必要となることもありますので、その点についてはしっかり確認して頂きたいと思います。
  • 繰上げ返済手数料が不要である。
    総返済額の圧縮に有効である繰上げ返済手数料が不要とされています。
    ただし、現在では、民間の金融機関でも繰上げ返済手数料が不要というところが増えており、また、繰上げ返済できる金額が100万円以上とされている点などを考えれば、必ずしも民間の金融機関より有利な取扱いがなされているとは言いにくいかと思います。
  • 団体信用生命保険への加入が不要である。
    団体信用生命保険とは、利用者に万が一のことがあった場合に、借入残額分の保険金が出る保険のことです。(つまり、以降の返済が不要になるということです。)
    民間の金融機関で住宅ローンを利用する場合には、団体信用生命保険へ加入することが借入のための条件となっていますがフラット35を利用する場合には、借入のための条件となっていません。
    つまり、病気等のために団体信用生命保険に加入できない方についてもフラット35は利用できるということになります。
    ただし、団体信用生命保険はどちらかというと加入しておく方が望ましいものであり民間の住宅ローンでは金融機関側が負担してくれる団体信用生命保険の保険料をフラット35を利用する場合には借主側が負担しなければならない点を考えれば健康な方にとってはマイナスと評価すべきポイントと言えます。

以上のような特徴を踏まえて言えば、世間的には非常に有利な住宅ローンのように言われるフラット35も必ずしも、有利な点ばかりではないことが、わかって頂けるのではないでしょうか。
もちろん、金利の低さなどを考えれば全期間固定金利型の住宅ローンの中では有力な選択肢になることは間違いありませんが、そのことだけをもって利用を決定してしまうのは、やはり早計だと思います。
あくまでデメリットなどもしっかり考慮に入れた上で、総合的な観点から意思決定して頂きたいと思います。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ