中古マンションの固定資産税

1.固定資産税とは

固定資産税とは土地や家屋を保有していることに対して課される市町村税で、1月1日現在において固定資産を保有している個人または法人に対して課されます。

 

2.固定資産税額

固定資産税は次の算式によって計算することができます。

土地又は家屋の価格×税率=税額

※土地又は家屋の価格については実際の取引価格ではなく固定資産税評価額(原則として3年に一度評価替えされることになっています。)を用います。

※標準税率は1.4%です。(市町村によって異なります。)

ちなみに30万円に満たない土地、20万円に満たない家屋については固定資産税は課税されません。(免税点)

 

3.固定資産税の徴収方法

普通徴収の方法(納税通知書に基づいて納付する方法)によって徴収されます。

一般的な納期は4月、7月、12月、翌年2月の4期となります。(一括納付も可能です。)

ちなみに市街化区域内の固定資産の固定資産税は通常、都市計画税と共に納付することになっています。

 

4.中古マンション購入における固定資産税の取扱い

中古マンション購入時には、通常、固定資産税の金額を1年に占める所有期間に応じて売主・買主で負担すべく日割り精算ということが行われます。(都市計画税も同様)

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ