中古マンションの購入でよくある失敗

中古マンションの購入でよくある失敗としては以下のようなものがあります。

 

騒音を出すような迷惑な住人がいる。

周囲に迷惑な住人がいる場合、対処のしようがないということもよくあります。

そういう物件を確実に避けられるよう、必ず事前に周囲を確認するようにしましょう。

 

価格の下落速度が異常に速い物件を購入してしまう。

たとえば築年数が浅く、駅から遠い中古マンションは一般的には価格の下落速度が異常に速いです。

売却時に大きな損失を出す事がないよう充分気を付けましょう。

 

管理費・修繕積立金・駐車場代などを考慮に入れずに返済計画を考えてしまう。

信じられない話ですが実際によくあるようです。

さらに現在、管理費・修繕積立金・駐車場代などが安いマンションについては、今後、大幅に各費用の引き上げが行われる可能性があることも踏まえた上で返済計画を考えるべきです。

 

無責任な口コミ情報などに振り回される

インターネット上で収集することができるような口コミ情報というのは信頼するに値しないものが多いです。周辺環境のことなどを知るために、どうしても口コミ情報が欲しいなら、友人などのつてを頼るなどして実際に住んでいる人から情報を得るようにしましょう。

 

以上、中古マンションの購入でよくある失敗でした。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ