中古マンション購入時の手付金

手付金とは契約成立時に買主から売主に対して交付される金銭で売買代金の一部に充当されるものをいいます。

現実の不動産取引の中で手付金が交付される場合、その目的は、ほぼ解除権を留保するためです。

(解約手付。ちなみに売主が宅建業者の場合は100%解約手付として扱われます。)

そのため、契約の相手方が履行行為(物件の引渡しや売買代金の支払い)に着手するまでは、買主は交付した手付金を放棄することによって売主は、預かっている手付金を2倍にして買主に返還することによって、それぞれ契約を解除することができます。

 

手付金の金額

中古マンション購入時の手付金の金額としては物件価格の1割程度が相場となっています。

ただし、法律上は売主が宅建業者の場合には、物件価格の2割を上限とするという制限があるだけであって売主が個人の場合には、なんら制限がありません。

なお、売主が宅建業者の場合には、手付金の金額について多少、交渉の余地があると思いますので、手付金を準備するのが難しい場合には思い切って交渉してみてもよいと思います。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ