中古マンションの仲介手数料

1.仲介手数料の金額

中古マンションを宅建業者の仲介によって購入した場合の仲介手数料は以下の速算式で求めることができます。

物件価格が200万円以下の場合 物件価格×5%
物件価格が200万円を超え400万円以下の場合 物件価格×4%+2万円
物件価格が400万円を超える場合 物件価格×3%+6万円

(いずれも消費税別)

たとえば、1000万円の中古マンションを購入した場合、その仲介手数料は
1000万円×3%+6万円=36万円(消費税別途要)となるわけですね。

 

2.仲介手数料の値引き

上で示した仲介手数料の速算式は、あくまで仲介手数料の上限金額を示すもの過ぎません。

したがって理屈的には値引き交渉をする余地はあるわけです。

ただし、仲介手数料の値引き交渉は、現実にはそれほどうまくいくものではありません。

言うまでもなく、宅建業者にとっても、営業マンにとっても仲介手数料の値引き交渉に応じることは決してプラスになる行為ではないからです。

ですので、仲介手数料の値引きを希望される場合には、最初から仲介手数料が安い宅建業者を選ぶ方が無難と言えるでしょう。

なお、仲介手数料が安い宅建業者の中には、他に色々と費用を請求することによって、仲介手数料が安い分の穴埋めをしているようなずる賢いところもありますので必ず実質的に得なるのかをしっかり確認するようにしましょう。

ちなみに当方でも仲介手数料半額で対応させて頂くことができますので(1000万円以下の物件を除く)ご希望の方はお気軽におっしゃって下さい。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ